Obsession beats dedication.

スピードキューブ日本大会2018への道(総集編)

2018/12/31
 
この記事を書いている人 - WRITER -
sampo

スピードキューブ再開して以来、毎日欠かさず練習を続けて遂に大会本番がやってきました。

連載してきた「スピードキューブ日本大会2018への道」の74日の練習の進歩を総集編として振り返ってみたいと思います。

スピードキューブ日本大会2018への道(1) (1~12日目)

この頃は16秒台でも好記録でした。買ったばかりの354Mの海外配色と回転の軽さに戸惑っていたようです。

スピードキューブ日本大会2018への道(2)(13~21日目)

早くも、PLLの入れ替えを終えOLLに取り掛かったようです。15秒台が初めて出るようになりました。

スピードキューブ日本大会2018への道(3)(22~26日目)

14秒台が初めて出て、19~20秒台がなくなりましたが、日によっては手順を入れ替えている関係で調子が悪かったようです。

スピードキューブ日本大会2018への道(4)(27~35日目)

キューブのメンテナンスを初めてしました。調子の自己評価は不正確なので出来るだけ客観的な数値で判断することにしました。

スピードキューブ日本大会2018への道(5)(36~42日目)

非常に好調でした。キューブの持ち方を変えたり、F2Lに対する意識を変えてアベレージベストを更新できました。

スピードキューブ日本大会2018への道(6)(43~49日目)

PLLでの持ち替えを減らしたり、新しいフィンガーテクニックを取り入れました。メンタル的に乱れてDNFして練習中断した時もありました……

スピードキューブ日本大会2018への道(7)(50~56日目)

14秒台は過去最高回数を記録したものの悪い記録も出始め、コンディション調整が課題になりました。入れ替えの終わったLLの手順の反復練習を取り入れていました。

スピードキューブ日本大会2018への道(8)(57~63日目)

LLの反復練習で疲労感が強かったため練習から外しました。13秒台のベスト記録も出て、結果的に正しい判断だったようです。

スピードキューブ日本大会2018への道(9)(64~70日目)

積み上げてきた練習の成果が出ました。過去最高の安定感で大会に向けて大きな自信になりました。

そして練習74日目、横浜行きのバスに乗る前、最後の自宅での練習で自己ベストao5/13.29が出ました!

確証はありませんが、最後まで手を抜かずに毎日続けた練習が応えてくれたような気がしました。

この文を書いている今は12月22日。大会初日を見学して会場の様子を確認しました。僕の出場する両手の3*3は大会2日目(最終日)に行われます。

今日一日大会の様子をツイートしていると、今まで応援してくれた人たちからたくさん応援メッセージが送られてきました。

毎日、YouTubeやツイキャスで配信した練習を観に来てくれた人もいます。1人ではここまで頑張れなかったと思います。

期待に応えるためにも、明日は実力を十分発揮したと言えるタイムが出せるように頑張ります。

この記事を書いている人 - WRITER -
sampo
スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© sampo.com , 2018 All Rights Reserved.