Obsession beats dedication.

スピードキューブ日本大会2018への道(3)

2018/12/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
sampo

スピードキューブの日本大会2018に向けての22~26日目の練習記録です。

大会まで残り49日!

スピードキューブ日本大会2018への道(1) (1~12日目)

スピードキューブ日本大会2018への道(2)(13~21日目)

練習方法

練習方法に変更はありません。毎日以下の4つのメニューを順番に消化。

  • 覚えた手順の復習
  • 新しい手順の暗記 ※毎日ひとつ
  • 連続ソルブ ※50回~
  • タイム計測 ※ao5*3

練習の成果

手順の入れ替え

26日目までに以下の6つのOLLのパターンの入れ替えが終了しました。

41, 42, 31, 32, 36, 38

参考AlgDb.net

予想していた通り、PLLと比較してOLLは手順が多いく実際のソルブで新しく採用した手順に出会う機会が少ないため、手順の入れ替え直後はかえってタイムを落とすことが少なくありません。後述のスランプの原因の一つになりました。

PLLよりも復習に力を入れていかないとまずいと感じています。

連続ソルブ(50本~)

新しい手順が毎日ひとつ増えるためか、連続ソルブでは平均タイムはほとんど進歩がありません。新しい手順はこの練習で試して反応出来るようにしていくしかないので、AO5と比べると必ずしもタイムの変化を狙っていく必要はないという考えになりました。

将来的にはインスペクションのタイムを本番よりも長くしてクロスからF2Lの最初のスロットまで読み切る練習をするなど変化をつけていくことも考えています。当分は優先しているLL→F2Lの順での手順の入れ替えに集中します。

22日目 17.69
23日目 16.91
24日目 17.24
25日目 17.07
26日目 17.37

タイム計測

22~26日目ではブレイクスルーとスランプ両方を経験しました。26日目のスランプはかなりショックでしたが、スランプの原因をつぶしていけば更に進歩できるはずです。

以下のテーブルは22-26日目のao5の記録です。その日のアベレージベストはハイライトされています。

22日目 16.98 17.02 15.60
23日目 15.82 16.94 15.53
24日目 15.82 16.82 14.81
25日目 15.65 18.28 15.67
26日目 18.27 18.71 18.70

22~25日目は非常に好調でした。毎日少なくとも一回はAO5の15秒台を記録して、24日目は練習開始以来最高の14秒台を記録できました。最初に15秒台を記録してから9日目での記録更新でかなりのスピードの進歩に喜びました。

打って変わって26日目の練習では大きなスランプを経験しました。平均3本がすべて18秒台で、単発では35秒台すらありました。自分なりに分析すると、スランプの原因は大きく分けて三つあります。

スランプの原因三つ

スランプの原因は

  • クロス~F2Lの読みの甘さ
  • PLL、OLLの新しく採用した手順の失敗
  • 疲労

の三つです。

クロス~F2Lの読みは現時点では着手していない技術なのでこの部分が足を引っ張るのは今はある程度仕方ないです。もちろん将来的には必ず取り組まなければいけない技術ですが、今回のスランプでは他の原因による不調で普段より更に先が読めないような状態に陥ってしまったことが問題です。

LL系の新しい手順の定着度が今一つです。見た瞬間に判別して反射的に手が動くレベルに達していないので、結果的に以前の手順の方が速い状態です。新しい手順が毎日増える以上ある程度避けられない問題でもありますが、出来る限り自発的に復習することで改善していかないとこの状態が続いてしまいます。

最大の原因、疲労

最初の二つも確かに今回のスランプの原因ですが、それはスランプ前からあった問題です。最大の原因は疲労です。考えてみるとこの26日間ずっとブログ更新と練習、同じことを繰り返す生活を続けてきました。自分が感じている以上の疲れがたまっていたのだと思います。

26日目は起きてから最近ハマっているタイピングゲームをおそらく2時間近くプレイしていました。タッチタイピングを習得したばかりの自分にとってかなり神経を酷使する作業だったはずです。その後もブログ記事をまとめるのに苦労しスピードキューブの練習に取り掛かったのは日付が変わってからでした。

練習は良いパフォーマンスが出せる状態でしなければ意味がありません。良いパフォーマンスを出してこそその状態に慣れていき、更に良いパフォーマンスが出せるというものです。悪い状態で練習しても次の練習に疲れが残るだけでなく、悪いパフォーマンスが常態化していきます。ここから更にレベルアップするためには疲労やストレスをコントロールすることも必要になってくると思います。ちょっと反省と休憩をしてまた頑張っていきます!

この記事を書いている人 - WRITER -
sampo
スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© sampo.com , 2018 All Rights Reserved.