Obsession beats dedication.

スピードキューブ東海大会2019参加レポート

 
この記事を書いている人 - WRITER -
sampo

スピードキューブ東海大会2019に参加して来ました。

前回出場の関西大会からわずか2か月の準備期間でしたが、平均sub13と東海のライバルの餅さんの勝利することを目標に妥協のない練習が出来たと思います。

ライバル餅さんとの戦い

同じ東海地方に住む餅さんは平均13秒あたりで僕と近い実力のキューバーです。このタイム帯では珍しい?3*3*3専門キューバーという共通点もあり東海大会に向けて切磋琢磨してきました。率直に言って3*3*3に限れば僕の練習量は結構多い方なので同じペースで頑張っていけるライバルはなかなか見つからないかなと思っていましたが、彼は理想的なライバルでした。僕が平均11~12秒台のタイムを出して勝利を確信しても、負けないような記録を出してきて常に緊張感をもって練習することが出来ました。

進歩を感じながらでも妥協なく東海大会まで取り組めたのは彼の存在が大きかったです。それは彼も同じだったのか大会当日に会場で顔を合わせると、まずお互いにこれまでの健闘をたたえ合いました。餅さん本当にありがとう。

試合結果

競技の結果は以下の通りです。

 

一回戦

average of 5 13.20 PB

13.28 (12.24 PB) 12.75 (14.76) 13.56

 

二回戦

average of 5 13.75

12.75 14.28 14.23 (14.83) (12.18 PB)

 

最高の出来とは言えませんが、本当に最低限の成果は残せたかなと思います。狙っていたao5 sub13は逃してしまいましたが二回ともsub14は出来ていますし、更新幅は小さいもののPBを平均、単発ともに更新出来ています。少しでも前進していれば良しとすることにします。

 

餅さんの結果は

一回戦 ao5 15.22 single 13.52

二回戦 ao5 13.51 single 10.72

でした。一回戦は大会初参加ということで相当緊張していたようですが二回戦では実力を発揮してsub14出来ていたのは競う相手ながらホッとしました。

個人的には餅さんとの戦いはドローだと思ってます。実際各ラウンドの結果と公式記録を見てみると、

一回戦、僕ao5 13.20 VS 餅さんao5 15.22(僕の勝利)

二回戦、僕ao5 13.75 VS 餅さんao5 13.51(餅さんの勝利)

公式単発 僕 12.18 VS 餅さん 10.72(餅さんの勝利)

公式平均 僕 13.20 VS 餅さん 13.51 (僕の勝利)

ほぼ互角ではないでしょうか。また何度でも競い合ってお互いレベルアップしていければいいと思います。

東海勢の活躍

今回の大会でも我らが東海勢の活躍は目立っていました。あつと君の3*3*3キューブ3位入賞、2*2*2キューブ優勝、plusさんのBLD優勝、3*3*3OH3位入賞、そして僕と同じ2018年の日本大会から競技に参加しているけいてぃさんがBLD3位で初入賞を果たしました!あつと君やplusさんは東海ではお馴染みの上級者ですが、自分と同時期に競技を始めた選手が入賞する姿を見て大きな刺激を受けました。

しかもけいてぃさん、BLDに力を入れながらも3*3*3でもao5 13.75の好タイムを残していました。僕や餅さんのような3*3*3専門勢(ともに平均13秒台)としては他の種目にも練習時間を割いている選手に追い抜かれるわけにはいかないと大きなプレッシャーを感じました。

これから

日本大会、関西大会に続き今回の東海大会で、まだまだ新参の僕も三回目の大会出場となりました。大会に参加するたびに知り合いのキューバーが増え、それぞれにスピードキューブに対する向かい方に違いがあることがわかってきました。ある人は全公式種目のNR(国内ランキング)やWR(世界ランキング)の合計を伸ばすことに取り組んでいたり、また別の人は種目の数を絞ってその中で大会入賞やランキング上位を狙っていたりします。その中で僕は3*3*3専門勢なわけですが、最近になって周囲にも「あいつはマジで3しかやらないらしい」と認知され始めたなと感じます。自分はもともとそのつもりでやってたのですが、これから本当に3のみに絞ってやっていくならそれなりに覚悟が必要だなと改めて感じています。

3*3*3は最も競技者が多く、一番競争が激しいと言ってもいいかもしれません。なんとなくいつか入賞したいな~という気持ちでやってても一生入賞なんて出来ないでしょう。それなりの結果を残していきたいなら出来るだけ早く公式平均sub10しておきたいところです。年内に達成と掲げている目標はだんだんと遠のいていますが、それでも期限を決めて取り組むことが重要だと考えています。

今回の東海大会は大会終了後参加した人から楽しかったという声が非常に多かったと感じました。僕自身も久しぶりに会う人、初めて会う人色んなキューバーと交流して今までで一番楽しい大会でした。毎日の練習は同じことの繰り返しで地味ですが、大会を経るごとに仲間が増えて楽しさが増していくなら長くキューブを続けていける気がします。

この記事を書いている人 - WRITER -
sampo
スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© sampo.com , 2019 All Rights Reserved.