Obsession beats dedication.

ルービックキューブのパターン暗記のコツ(OLL, PLL編)

2018/12/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
sampo

ルービックキューブのパターン暗記のコツ」の続きとして、具体的なOLL、PLLの手順の選び方、暗記の方法を紹介していきたいと思います。

採用するパターンの選び方

手順を暗記するにはまず、どの手順を採用するか決めなくてはいけません。手順を探したり選ぶ際に参考になるのが、AlgDb.netというサイトです。英語のサイトですが、英語が読めなくても回転記号さえ読めれば問題ありません。

AlgDb.netでは、CFOPの各ステップごとの手順がデータベース化されています。例えば、OLLのページを見ると以下のように各パターンと主流な手順が並んでいます。

更にクリックして各パターンの詳細ページを見ると、手順がデータベースに加えられた日付と投票数が確認できます。これらの情報をもとに採用する手順の候補を探していきます。

ほとんどの場合は投票数が多い手順を採用することになりますが、優れた手順でもデータベースに加えられたばかりで投票数がそれほど集まっていないこともあります。

日付や投票数はあくまで参考として、面倒でも実際に自分の手で回してみて判断することをお勧めします。僕の場合は確認を怠ったことで覚えなおすことになった手順もありました。何度も使っていくことを考えたら目先の手間を惜しんではいけません。(自戒)

どんな手順が優れているか

何を基準に候補の手順を評価すればよいでしょうか。個人的に気にしているのは

  • 手数
  • 持ち替えの回数
  • どの面を回転するか
  • 連続する回転の方向

です。

まず当然ながら、手数が少ないことは重要です。そして、持ち替えが少ないことも並んで重要になります。一般的に持ち替えは回転より不正確かつ遅くなります。2~3手多いくらいなら、持ち替えが少ない手順の方が速く回せることもあります。

続いて、どの面を回転させるかも確認しなくてはいけません。持ち替えにも関連しますが、キューブを回すのは人間の手ですからどうしても回しやすい面とそうでない面があります。U, R, F面が代表的な回しやすい面ですが、ひとつの手順で回す面の組み合わせによってはL, D面も回しやすい場合があります。

回転させる面だけでなく、回転の順番と回転方向も手順の回しやすさに影響します。Uのような時計回りの回転と、U’のようなプライム(’)がついた反時計回りの回転が交互になる場合と、どちら片方が連続する場合では前者の方が一度に滑らかに回しやすくなります。(RU’RとRURを回し比べてみてください。)

手数、回す面、連続する回転の方向に注目すれば、大雑把に回転記号を眺めるだけでもおおよその判断を付けることもできます。せっかく苦労して覚えるのですから、納得のいく手順を採用しましょう。

覚えるコツ

前置きが長くなりましたが、採用する手順が決まったらいよいよ暗記です。

暗記のコツは手順の動作を分解して覚えることです。

分解して覚える

例として、OLL1の手順(R U2 R2 F R F’ U2 R’ F R F’)を覚えるとします。

回転記号の羅列を機械的に暗記しても仕方がないので、まずは回転記号を見ながらキューブを何度か回してみましょう。

動作を繰り返すと、一連の動作の途切れるところやまとめて回しやすい回転のブロックがあることに気づくはずです。

OLL1の手順なら(R U2 / R2 F R F’ / U2 / R’ F R F’)という具合です。

ブロック毎の動作は一息で回せるので手の動きで覚えやすいはずです。記号の並びは覚えません。ブロック毎の動作に注目しながら手順を回転記号を見ながら何度も回していき、最終的に何も見ずに全てのブロックを一続きに回せられるようになりましょう。

暗記した手順が増えてくると、ある手順を分解したブロックのパーツが他の手順でも使われていることに気づくはずです。頻繁に登場するブロックを見つけてその組み合わせ方に注目するようになれば手順の暗記は飛躍的に楽になるはずです。

別の方法

手順を暗記するときはまず上記の方法を取っていますが、個人的な経験では別の方法でも簡単に覚えられることもありました。

OLLとPLLはどちらもF2Lが終了した状態で使う手順です。そこで、どこか特定のF2Lのスロットのパーツに注目して、パーツがスロットから外れて戻ってくる過程を暗記すればいいという方法です。

簡単な手順の場合はこちらの方が短時間で暗記できることもありました。こちらの方法は全てのパターンには通用せず、感覚だよりなところもありますが、興味があればぜひお試しください。

以上、ルービックキューブのパターン暗記のコツ(OLL, PLL編)でした。新しくスピードキューブを始める人の役に立てば幸いです。

 

この記事を書いている人 - WRITER -
sampo
スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© sampo.com , 2018 All Rights Reserved.