Obsession beats dedication.

一ヵ月ブログを続けて気づいたこと

2018/12/18
 
この記事を書いている人 - WRITER -
sampo

本日(2018年10月25日)でブログを始めて一ヵ月が経ちました!

数字の変化や、継続していくために役に立った考え方をまとめていきます。

一ヵ月の記録

週4以上のペースで更新を続け、一か月間で19記事投稿しました。更新が習慣化され、自分の考えを文章にして発表すること自体を楽しく感じるようになりました。

PVは、ブログ開始直後はゼロも含む低空飛行が続きましたが、10月から増加し始め、7日に20PVを記録しました。

その後はブログ開始直後より若干高い水準で推移していき、10月24日のKindleの記事が一気に伸びて過去最高の39PVを記録しました。急激な増加で手ごたえを感じモチベーションが高まりました。

継続する難しさ、信念を持つこと

いつでもやめられる

ブログを始めてから一か月間継続することの難しさを日々痛感しました。「したい人10,000人、始める人100人、続ける人1人」という言葉の通りです。何かを頑張るということは言い換えれば、やらなくてもいいことをするということです。いつでもサボったり、やめることができます。

ビジネスとしてブログを考えていてもそれは同じです。ブログを始めるためには初期費用はほとんどかかりません。かかったとしても数万円です。気軽に始められることは魅力でもありますが、途中でやめた場合の損失がないということでもあります。

何千万円も借金して始めた商売であれば多少の困難があっても簡単にはあきらめないでしょうが、コストをかけずに始めたことだと少しの嫌なことで理由をつけて辞める人がほとんどでしょう。

信念を持つ

常にやめる圧力にさらされる中で続けていくには自分なりの信念を持っていなければいけません。

僕は好きなことに挑戦する生活を手に入れたいという気持ちを原動力に活動しています。そして、少なくとも3年間は、いつかは必ず成功できるつもりで頑張ると決めています。

3年という数字には理由があります。日本一のYouTuber、HIKAKINさんが有名になったきっかけはスーパーマリオのビートボックス動画でした。

実は初めから人気があったのではなく、最初の投稿からこの動画が話題になるまで約3年もかかっています。あのHIKAKINさんでも3年かかるんです。そう考えたら3年くらい頑張ってから諦めても遅くはありません。

数字で考える

「3年は頑張ろう」というように、具体的な数字で考えることは非常に重要です。

ブログを始めたばかりだと結果が出なくてがっかりすることがあります。そんな時は漠然と悩むより数字を見て自分の期待が大きすぎないか確認してみるべきです。

  • 継続した期間
  • 更新の頻度
  • コンテンツの量と質

こういった要素を精査して、どのくらい成功する可能性があるのか考えてみます。過度な期待を持っていることがわかったり、やるべきことが明確になったりします。僕の場合、たった一ヵ月で成功するわけないですよね。

漠然とした期待をもたず、数字を見て現実的に考えることが継続していくのに重要です。自分の活動も厳しい目で見ていくつもりです。

目標

来月の目標は

  • 更新ペース維持 ※週4以上
  • 100PV/日達成
  • 収益化
  • ツイッターフォロワー100人 ※現在39人

の4つです。

こうして活動してみるとたったの一ヵ月でも様々なことを学ぶことが出来ました。これからやっていけるか不安もありますが、どんな新しいことを学べるか楽しみでもあります。そして学んだことは発信していく価値のある情報だと確信しています。

頑張っていきますので、応援お願いします!

この記事を書いている人 - WRITER -
sampo
スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© sampo.com , 2018 All Rights Reserved.