Obsession beats dedication.

圧倒的基本技術の差「sub12への道」(14)

2019/04/04
 
この記事を書いている人 - WRITER -
sampo

今週もほとんど記録に変化がありませんでしたが、東海のキューブのイベントで日本のトップキューバーの技術を目にして進歩のための大きなヒントを掴むことが出来ました。課題がはっきりすることで今まで以上にキューブに対する情熱がわいて来ました。

過去三回↓

タイムの稼ぎどころはクロスとPLLsub12への道」(11)(72~78日目)

デュアルクロス、COLL高等技術導入の壁「sub12への道」(12)(79~85日目)

集中力は維持できなくて当たり前。必要なときに高いパフォーマンスを発揮するために……「sub12への道」(13)(86~92日目)

記録(ao5)

まずは過去三週間の記録の変化を見ます。

過去の記録一覧:記録保管庫

どう見てもここ数週間は記録にほとんど変化がありません。自分ではタイムを伸ばすための努力をしているつもりでしたが、東海スピードキュービングレクチャー会に参加して妥協していた部分や今まで見えていなかった基本の重要さが見えてきました。

日本のトップキューバー

今回の東海スピードキューブレクチャー会、最大のお目当ては、3*3*3キューブで公式平均sub9もしている日本のトップキューバーにお目にかかることでした。東海でキューブをやっていて噂は何度も耳にしていましたが受験勉強でキューブの活動からしばらく離れていたそうで実際に会うのはこれが初めてです。

実際に会ってソルブを見せてもらうと、凄まじいTPSを維持したまま止まることなく文字通りあっという間にソルブして7~8秒台のタイムを次々に出していきます。動画では見たことのあるタイムでも実際に見るのでは全然違って見えるものです。

彼を見て気づいたのは、結局一番大事なのは基本的なことを素早く、正確に実行できる技術だということです。

想像していた上級者とのギャップ

彼のソルブを見ていて優れていると感じるのはやはりTPSの高さやそれを維持するための先読みの部分で、自分の想像のなかで作り上げていた上級者像とは違っている部分が多くありました。

僕の中での上級者(ao5 sub8~9)のイメージは以下のようなものでした。

  • F2LのEOを利用して持ち替えは基本的に最大1回
  • サブステップを多用し、VHLS→COLL or ZBLLを毎回のように使う

常々、完璧主義であることを反省している僕ですが思った以上に重傷のようです笑。レクチャー会で出会ったトップキューバーはF2Lの持ち替えはもちろん少なく抑えられているものの、さすがに最大一回までの持ち替えということはないようでした。サブステップに関しても、何度かソルブを見た中でもGパームも使っていたので僕が想像していたような厳密さでは使用されていないと判断しました。毎回エッジコントロールを必ず行い少なくともCOLLに持ち込んでいればGパームは使用しないはずだからです。

頂いたアドバイスも、「substepを覚えないとsub○は難しい」とかではなく、むしろF2L#1の読みが改善できることやGパームの指使いのことでした。いかに枝葉の部分にばかり注目して一番大事な基本を軽視していたことを痛感しました。

計測会での大失敗

東海スピードキュービングレクチャー会では今回から計測会を行うようになりました。僕のタイムはなんと……

ao5 18.07

18.10 18.86 (21.03) 17.26 (13.86)

あまりに酷くて言葉を失いました。落ち込みながら周りの人のタイムをみると面白いことに気づきました。普段のタイムが速い人ほどいつも通りのタイムに近く、遅い人ほど今回の計測では失敗する傾向にあったようなのです。

理由はどれだけ基本的な手順が定着、無意識化出来ていたかだと思います。計測会の環境は控えめに言ってもあまり実力を発揮しやすいものではありませんでした。椅子、机の高さ、タイマーなど普段の練習とは違う面が多く、なにより30人近い人数が集まり、喧騒のある環境でした。しかし、緊張して出来なくなることは初めから大してできていないというのが現実でしょう。どんな環境でも揺らぐことのない基本技術を身につけようと改めて思いました。

しかし、反省することばかりではありません。F2Lの手順に関してはもう新しく覚えることはほとんどないくらいまで来ているのではないでしょうか。上級者たちに「これは知ってる?」と聞かれる手順は全て即答出来ました。substepを覚えていないことで、上級者は遥か遠い存在だと思っていましたが戦う土俵には立っているようです。

上級者しか知らない裏技なんてない事がわかりました。誰でも知っていることを誰よりも速く、正確に実行できるようにひたすら反復するのみです。

この記事を書いている人 - WRITER -
sampo
スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© sampo.com , 2019 All Rights Reserved.