Obsession beats dedication.

爆伸びした理由と今後の目標「sub10への道」(1)

 
この記事を書いている人 - WRITER -
sampo

関西大会以来ぷっつりとブログ更新が途絶えていた僕ですが、ついに重い腰を上げてブログを書く気になりました。ブログから離れている間もキューブの練習は欠かさず行うどころか以前にも増して取り組んでいたため大幅なレベルアップを果たすことが出来ました。ao5形式での計測でもsub12を記録することが出来たので今回からサブタイトルを「sub12への道」から「sub10への道」に改めました。

記録(ao5)

ブログを更新していなかった間の記録の変化を見ます。(時系列順)

sub12を目指し始めて142日目の練習でao5 sub12 11.90を記録。TSCpractice内での記録だったため円グラフには載っていません。ここまでの記録はやまこん、自主練習3本、TSCpractice、TriboxContestの内、なぜか自主練習の記録だけを見てきましたがキリの良いところなのでここから先はao5形式の計測のものは全て円グラフにのせることにします。

ここ10日間ほどの圧倒的な成長は自分でも驚くほどでした。今まで滅多に出なかったsub13がほとんど毎日出て、多少失敗してもsub14は出来ることがかなり増えてきたような手ごたえです。出場予定の東海大会6/22にまでは残り一か月ほどですが、sub13は十分狙える位置まで来ていると思います。

伸びた理由

ここまで爆伸びした理由を自分なりに分析してみます。

何よりも大きかったのが練習量だと思います。毎日200~300ソルブを継続して行っているのが効果を発揮したようです。周りを見ていると一日100ソルブでも多い方みたいなので、あまりそういう意識はありませんでしたがかなり多いようです。僕がこの練習量をこなせているのは3*3*3の競技のみに集中しているからでしょう。周りのキューバーも僕と同じような気持ちを持って競技に取り組んでいますが、多くの選手が複数の競技を掛け持ちしているので同じように3*3*3だけに時間を割くのは難しいのです。3*3*3専門なのだから多くて当たり前です。多種目行っているわけではないけど、そこまで練習出来ないという人は単純に生活の中でのキューブの優先順位が低いのだと思います。何に時間を割くかはその人次第なので別にキューブの練習時間が取れなくても悪いことではないのですが、自分の気持ちとは一致させておくべきだと思います。

技術的な面では、新しくフィンガートリック右プッシュを習得してF2Lの指使いを改善できました。左右のトリガー・プッシュが出来ることで、RU系だけでなくLU系の2gen(2面の回転のみで特定の操作を行う手順)も、一部例外を除いて全てregripなしで回せるようになりました。これに加えて、練習を続けることで先読みが成長して相乗効果でつながりが特に伸びた印象があります。止まるところが減ったことで平均のtps(turns per second: 一秒あたりの回転数)が増しましたが、瞬間的なtpsは抑えめになりました。練習を続けていけば、先読みを損なうことなく更にtpsを上げられるでしょう。まだまだ伸びるはずです。

今後の展望、課題

目先の目標としてはホーム開催の東海大会です。公式ao5 sub13と東海のライバルの餅さんに勝利するのが目標です。欲を言えばsub12もしたいところです。 東海大会までは今の練習量をキープするのはもちろん、LL系手順の弱点克服に取り組んでいきます。

そしてその先の目標は

  • 年内に公式平均sub10
  • 日本大会3*3*3決勝進出

です。今はこれだけ考えて毎日生活しています。

最近始めた仕事は体力を使う仕事な上に、朝は週3回ウエイトトレーニングをしているので体力的に非常に厳しいですが自分ならやり抜けると信じています。少し前まで明日のこともわからないフリーターをしていた頃に比べればどんなにきつくても俺はこれがしたかったんだと思って頑張れるし、目標があるので充実しています。

キューブを始めてからライバルや自分の努力を認めて応援してくれる人が周囲に現れ始めました。つらい時に頑張れるのは彼らの存在のおかげでもあります。いいところ見せられるように先のことは考えないくらいのつもりでまずはこの一年だけ頑張ろうと思います。

この記事を書いている人 - WRITER -
sampo
スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© sampo.com , 2019 All Rights Reserved.