Obsession beats dedication.

英検一級、TOEIC900から上のレベルを目指す意味・勉強法

2018/12/21
 
この記事を書いている人 - WRITER -
sampo

英検とTOEICと言えばどちらも日本で人気のある英語の資格です。多くの学習者がこれらを目標に勉強に励んでいますが、本来は語学学習の踏み台として利用するべき資格取得がゴールになってしまうことも少なくありません。

僕自身も英検一級合格以来、モチベーションを失って英語から離れていました。国内ではそこそこの評価の英語力を手に入れたものの、ネイティブレベルの英語とは大きな差を感じていました。英語が日常でそれほど役に立っているようにも思えず、大きな労力を払ってまで更に上を目指す意義が見つけられなかったのです。

そんな考えだった僕が再び英語を勉強する意味とこれからの英語に対する向き合い方や勉強方法を考えていきます。

英語から離れて気づいたこと

英語から離れてしばらく経つとそれまで見えていなかったことが見えてきました。

意外と役に立っていた

まず、それまで役に立っていないと感じていた英語が実は思っていたよりも役に立っていることに気づきました。

ネットニュースを読むときは、ソースの英文記事で細かいニュアンスや正確な情報を確認出来て、趣味のスピードキューブ(ルービックキューブの完成タイムを競う競技)でも量、質ともに優れた情報にアクセスすることが出来ました。

相変わらず、ネイティブの話すスピードや語彙についていけなこともありましたが、それでも全く役に立っていないということはありませんでした。

今までの勉強に対する反省

過去の英語に対する向き合い方や勉強方法は反省するべき点があったことにも気づきました。

本来、英語は情報をやり取りするための言語の一つです。英語学習の最初のうちは学習者向けに書かれた教材を使うこともあるでしょうが、ある程度のレベルからは本来の目的で使われる所謂”生きた英語”に触れる機会を増やしていくべきです。

英検一級やTOEIC900以上のスコアがあるなら生きた英語により多く触れ始めるべきでした。自分の興味のある分野の知見を英語を通して広げようとしていなかったことが英語学習を無為に感じていた理由でしょう。

普段は教材用の英語にしか触れていないのに、たまに本物の英語に挑戦すれば毎回のように挫折感を覚えるのも不思議ではありません。

もしもう一度本気で英語に向き合ったら、どうなるのだろう。そんな気持ちが生まれました。

上を目指す意味

ではこれからさらに高い英語力を目指すとして、その目的は何でしょうか。

時間をかけて考えた結果、英語を媒体として情報収集と様々なコンテンツを楽しむことを目的にすることにしました。

英語が出来れば趣味の情報もより多く得られ、発信することも出来るかもしれません。日本もアニメなどの文化は発達していますが、英語で作られたコンテンツにも面白いものはたくさんあります。好きな本の原書を楽しむことも出来ます。最近では洋書もkindleなどを利用すれば簡単に手に入りますし、翻訳版よりも安価なことも少なくありません。

このようにたくさんある英語が出来ることによるメリットがこれからの学習の目的です。

英語は学問、スポーツ、ビジネスなど多くの分野で最も広く使われている言語ではないでしょうか。僕とは異なる趣味を持つ人でも、興味ある分野は必ず見つかるはずです。

上を目指す勉強法

それでは勉強方法はどうしていくべきでしょうか。

英検一級合格までは、

  • 只管朗読
  • 単語帳によるボキャビル
  • 英作文
  • 洋書多読
  • 試験対策

などを行っていました。これからは上記のものも行うこともありますが、それよりも生活の一部として大量のインプット、アウトプットをしていきます。

具体的な方法としては、

  • CNN(ニュース番組)を毎日視聴
  • South Park(コメディアニメ)を毎日視聴
  • twitterで英語のみで毎日投稿
  • Reddit(掲示板サイト)で興味のある分野の話題について知る

です。すでに始めています。

どれも勉強のつもりなら楽ではありませんが、ネイティブだったら毎日している人もいるでしょう。あくまで楽しむため、情報収集・発信のために行います。未知の語彙、表現に出会っても律義に毎回調べる必要はありません。気が向いた時だけ調べれば十分です。

 読者の方へ

僕と同じようなところで英語学習を続ける熱意を失ってしまった人は少なくないと思います。過去にツイッターで知り合った英語仲間で消えていった人もいました。

もしこれを読んでいる人の中にもそんな方がいましたら、せっかく”英語の勉強の仕方” は身につけたのですから、これから実践的に英語を使いながら本当の勉強をしていきませんか?

この記事を書いている人 - WRITER -
sampo
スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© sampo.com , 2018 All Rights Reserved.