Obsession beats dedication.

Z, Hパームの握り方、AUFの判断【PLL】

 
この記事を書いている人 - WRITER -
sampo

CFOPのPLLの中でも独特で苦手とする人も多いであろうZ, Hパームのコツについて考えてみます。

握り方

何よりもZ, Hパームを難しくしているのはCFOPではあまり用いられないM系の回転を多用することではないでしょうか。数あるフィンガートリックの中でもM系の回転では握り方から変える必要があるのでソルブの素早い動きの中で実行するには、回転させる技術だけではなく正しく持ち替える技術にも注目することがZ, Hパーム攻略のカギではないでしょうか。

CFOPでの一般的な握り方と、M系の回転を行うときの握り方をB面から見てみます。※左手でM系の回転を行う場合。

一般的なCFOP

M系の回転

この二つの握り方の違いはCFOPでは左中指がB面センターに少しかかってホールドするのに対して、M系の回転では両人差し指でセンターに触れないようにしながらエッジを持ってホールドしているところです。左手は中指onセンター→人差し指onエッジと移動します。この動きをするには一度左手の指はキューブから離さなければいけませんから無理に握ったままM系の回転を行おうとするのは失敗の元になると考えています。

またCFOPでは両掌が向かい合うように握りますが、M系の回転では左手はD面から握るようにすると回転の正確さが増します。出来るだけ回転に使う薬指、中指の屈曲する方向とM列の回転方向が一致するようにしましょう。

以上を踏まえてZ, Hパームを実際に回すところを見てみましょう。

左手の握り方が少し違うのがわかっていただけるでしょうか。M系の回転を使うZ, Hパームではまずこの握り方を身につけて通常の握りから素早くこの状態に移行できるように練習しましょう。

AUF

続いてAUF(Adjust U Face)です。PLLのパターンによっては手順を回してからAUFするのが自然なものもありますが、Z, Hパームに関しては個人的に手順後のAUFの判断が難しく、複数の面から手順を行うことが出来るのでAUF→手順→完成という流れを徹底しています。

Hパームに関してはどの面から手順を回しても同じなためコーナーを揃えてから手順を回せば困ることはないでしょう。問題はZパームです。持ち替え無しでは手順の後にもAUFが必要なパターンが出てしまいます。

そこで自分の場合はZパームはコーナーを揃えた状態で2パターンに分けてそれぞれ別の手順として覚えてしまいました。

M2 U M2 U M’ U2 M2 U2 M’

U (M2 U M2 U M’ U2 M2 U2 M’) U

使用ツール:VisualCube

二つ目に挙げたパターンは一つ目の手順の前後にUを入れただけですから覚えるのはそれほど大変ではないはずです。コーナーを揃えてから二つ目の手順を行うとU3のような無駄な回転が出ることもあるので改善の余地はありますが、判断を楽にするためにちょっとしたことを覚える手間をかけるのは重要ではないでしょうか。※こうした方が簡単とかありましたら是非コメントかツイッターを通じて教えていただければ幸いです。

この記事を書いている人 - WRITER -
sampo
スポンサードリンク


スポンサードリンク


- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© sampo.com , 2019 All Rights Reserved.